原宿みっころ

原宿みっころ

TOP > コロンバンを知る > BonBonについて

コロンバンを知る

コロンバンを知る

Bonbonについて

Bonbon

『Bonbon』は、弊社が銀座に本店を構えておりました1958年に発刊された小冊子です。1921年菓子修行のために単身フランスに渡航した創業者の門倉は、修行先のフランスで、店舗をオープンした銀座の地で、様々な文化人、経営者、芸術家の皆様と交流を深めました。皆様が寄稿してくださった『Bonbon』を、この場を借りて少しずつ紹介させていただきます。垣間見える当時の情景をお楽しみください。

Bonbon vol6 1960年発行(パリ通信_板谷房氏)

bonbon_vol6(パリ通信_板谷房氏).jpg

藤田嗣治画伯とともに、フランスで輝かしい功績を残した日本人画家・板谷房画伯。Bonbonにパリ通信というエッセイを連載してくださいましたが、今回のエッセイのテーマは「春の狂騒曲」です。春のパリに心を乱された様々な人々について、美しい女性画とともに描かれています。

PDFファイルで読む


ダウンロード

Bonbonのエッセイ、写真、絵画等の無断転載、二次利用は禁止いたします。

TOPへ